PR記事

【ゲムマ春新作レビュー】『Alcatraz』|2vs2のデッキ構築ボードゲーム

監獄島「アルカトラズ」
1962年6月11日、フランク・モリスはこの監獄島から脱獄した。
その後、彼の姿を見たものはいない……。

というわけで今回は『Alcatraz』の紹介をしていきます!

このゲームは監獄島からの脱出を目的とする、2vs2のデッキ構築カードゲームです

クラウドファンディングで1421%を達成したボードゲームがゲームマーケット2021春に出展します!

2vs2のデッキ構築ゲームってどんなのだろう??
って気になった方!面白かったポイントを紹介していきますね!

created by Rinker
ノーブランド品
¥7,425
(2021/05/09 03:13:53時点 Amazon調べ-詳細)

『Alcatraz』ってどんなゲーム?

『Alcatraz』はゲーム内のカードを買い集めてデッキを構築し、相手チームより先に監獄島からの脱出を目指します

アイテムを集めて効率よく穴を掘ったり、看守を呼んで相手の邪魔をしたり、いろんな戦略が取れます

デッキ構築のボードゲームといえば『ドミニオン』や『エルドラドを探して』が人気ですが、どれとも違ったゲーム体験がものすごく刺さりました

ここが面白かったなぁ!ってところを詳しく紹介していきますね

どこの穴を掘るかが悩ましい

脱獄するためには穴を掘っていきます

掘るための穴カードは1チームに90枚
それぞれ30枚の山を3つ作り、好きなところを掘り進めていきます

中に1枚だけ脱出カードが入っているのですが、どの山に脱出カードが入っているかは相手チームが決めるんです

運が良ければすぐに脱出できるかもしれないけれど、読みが外れたらいつまでたっても脱出できません

この運と心理戦のバランス加減がめちゃくちゃ好みです

看守カードによる更なる心理戦

ゲームにはお邪魔カードな立ち位置として「看守カード」があります
看守カードは相手の穴山札のどれかに設置し、穴を掘る妨害をします

ただし、看守カードが設置された穴山札に脱出カードがあるとは限りません

「ひたすら自分のデッキを強くしていく」というより他のプレイヤーとコミュニケーションの取りやすい部分が凄く良い!

しかも看守カードは自分の山札に加わっているのでめちゃくちゃ邪魔なんですよね

本当に。

カードの枚数597枚!?

この『Alcatraz』カードが597枚も入ってるんです
まず穴カードが180枚あるからめちゃくちゃ多いんですけど

それを抜きにしてもですよ、
デッキ構築に使用するカードで310枚もあるんですよ
凄すぎませんか?

カードの種類が少ないと「このカード引いたら勝ちゲーだな」みたいな展開が結構あるんですけど、この枚数なので毎回デッキ構築の内容になります

流石に全部違うカードってわけではないんですが、それでも相当遊べます

あ、あと

拡張、待ってますからね?

チーム戦なのでフォローし合える

初めて遊ぶゲームってカードの効果が分からなかったりするんですが、チーム戦だと味方と相談しあえるのが有難いんですよ

1回目はチュートリアルみたいな気持ちで遊ぶことが多いので
ゲーム中に教えてもらいながら一緒に戦えるのは嬉しいですね

箱の作り込みがすごい

ゲームの内容には関係ないんですが、箱の作りがめちゃくちゃ凄いんですよ

蓋の裏面にスポンジでついていて、立てて収納した時にカードぐちゃぐちゃにならないんです
うちは平置きじゃなくて立てて収納してるのでこれはかなり嬉しかったです

『Alcatraz』まとめ

チーム戦ならではの「味方にカードを渡す」こともできるので、味方のデッキをめっちゃ圧縮させたり色んな戦略が取れそうですね
まだまだ遊びこみたいゲームです

詳しいルールを見たい!って方は製作者のKensei(@kenseimaji)さんのツイッターをご覧ください

遊びゴコロのゆじ(@asobi556_yuji)でした

created by Rinker
ノーブランド品
¥7,425
(2021/05/09 03:13:53時点 Amazon調べ-詳細)