PR記事

【ゲムマ春新作レビュー】『ナナイロアジサイ』|色の変化が可愛いボードゲーム

こんにちは、ゆじです

突然ですが、アジサイという花はご存知ですか?
僕は良くご存知です。

梅雨の時期に綺麗な花が咲くアジサイ
青やピンク、紫といった様々な色変化することから「移り気」なんて花言葉があるらしいですよ

というわけで今回は『ナナイロアジサイ』の紹介をしていきます!
アジサイのように七色にコマが変化していくアブストラクトゲームです

ゲームマーケット2021春に発売されるボードゲームの中で、気になっていた人も多いのではないでしょうか?

実際に遊ばせてもらったので、面白かったポイントをじっくり紹介していきますねー!

『ナナイロアジサイ』ってどんなゲーム?

『ナナイロアジサイ』はアブストラクトというジャンルのゲームです

よく見かけるゲームで例えると、オセロや将棋のように同じ条件のもとコマを並べて取り合って戦うタイプのゲーム

ナナイロアジサイの特徴は、1人3色のコマを使うこと

コマの取り方には2種類あります

取り方①:同じ色で挟む

オセロのように同じ色で挟むことで、その間の花コマの色を変えられます

間にあるのが自分のコマの色でも変わっちゃうので少し注意が必要

碁盤の目のように縦横が平行ではなくアジサイ型に並んでいるので、斜めに挟むようにコマを置きます
角マスの取り方が特徴的なので、他のアブストラクトゲームでは体験できないこの感覚をぜひ遊んで味わって欲しい!

取り方②:隣に特定の色を置く

花コマは全部で6色あります
それぞれ隣り合った花コマに影響され、色が変わります

色の移り方はこんな感じ

赤い花コマの隣にオレンジが置かれると、隣接した花に色が移ります

それぞれ何色に変化するかが決まっているので、うまく置くことで一気に広範囲の花コマを染められます

盤面の変化がカラフルで可愛い

ゲーム自体もめちゃくちゃ面白いんですが、まずこれだけは言わせて欲しい

ゲーム終了時の盤面がめちゃくちゃ可愛い

ゲーム中も色移ろいでどんどん変化していくのが可愛くて好みでした
これはぜひ動画で見てもらいたい

アブストラクトのゲームが苦手な方でも、この盤面が変化していく様子でめちゃくちゃ楽しめるかと思います

盤面の構造がアジサイ型で新体験のゲーム感覚

ゲームの紹介のところでも少し触れましたが、盤面が碁盤の目ではなく、アジサイ型になっています

一番影響を受けているのは角を取る時
挟むだけじゃなく隣り合った色によってもコマが取れるので
角に置けるならすぐに置く”のが最善手じゃないのが新しい感覚ですごく印象的でした

挟むときと特定の色が隣に来る変化が同時に起こる場合もあるので、しっかりと考えたプレイができるのも良い

勝敗が最後まで分からない

2人プレイの場合、1人3色のコマを使います
2人計6色の中から最も多い色のコマを担当しているプレイヤーが勝利します

合わせて多いコマの数じゃなく、1色の数で判定するので
最後の1手でひっくり返る場合があります

先の読めない展開で最後までめちゃくちゃ集中しちゃいました

オプションルールとして正体隠匿の特別ルールもあるんです!

ゲーム開始時に各プレイヤー1色選び、最後の判定をその色で行うというルールです

このルールも相手が何色を狙ってるのかを読み合ったりするのが面白そうですね!

『ナナイロアジサイ』まとめ

アジサイというテーマとゲームのシステムが見事にマッチしてるなあ

ゲームシステムも面白いしアートワークも淡くて可愛いし、
この無駄が全くない感じ凄すぎません?

ツイッター上でも話題になっているのを良く見かけます

4月10、11日に開催されるゲームマーケット2021春では【ア17】で購入できます
土日の両日出展しているようなので気になる方は要チェック!

確実にゲットしたい!という方は早めにブースに向かった方がいいかもしれないですね!
【ア17】ですからね!

もっと詳しいルールが見たい!という方は製作者のななつむさん(@nanatsumu_game)のツイッターをご覧ください!

遊びゴコロのゆじ(@asobi556_yuji)でした