紹介・レビュー

ゾーゲンzogen|適当な宣言で乗り切るもどかしいスピードゲーム

こんにちは、ゆじです

今回はゾーゲンというボードゲームを紹介します

ざっくり説明すると、キュートな微生物たちがわちゃわちゃ増減していくゲームです

絶対伝わってないのでちゃんと説明していきますね

[s_ad]

ゲーム情報

  ジャンル   アクション・スピード
 プレイ人数  2〜6人
 プレイ時間  約30分
  難易度   初心者でもすぐに楽しめる

ゾーゲンってこんなゲーム

 も、ももももももどかしい!!
 え?ちょ、早くね?
 ねえ、それ本当に合ってる?

created by Rinker
オインクゲームズ
¥2,376
(2020/05/28 14:35:07時点 Amazon調べ-詳細)

可愛い4匹の微生物たち

微生物たちにはそれぞれ名前があります

割と見た目そのまんま
マル・ツキ・シリ・ヤマ

ゾーゲンのルール説明

各プレイヤーに1色16枚のカードのセットを渡せば準備おわりっ!

僕には基本的に青をください
青が好きなので

スタートプレイヤーが1枚カードを出したらゲームスタート

手札が3枚になるまで早い者勝ちでひたすらカードを出していきます

カードの出し方

場に出ているカードの上に上に重ねて出していきます

場に出ているカードに対して
微生物が1匹増えているか、減っているカードを出して
その名前を叫びます

この場合だとマルが増えてるので

「マルっ!!」

この場合だとシリが減ってるので

「シリっ!!」

こんな感じでカードを出していきます

手番順のゲームじゃないので、早い者勝ちでどんどんカードを出していきましょう

でも、これだけじゃただのスピードゲームですよね

お察しの通り、このゲームは適当にカードを出していいんです。バレなければ

例えばこの場合
マルとヤマが減ってて、代わりにツキが増えてます

1匹増減してる、というルールに反しているので
本来であれば出せません

が、しかし!
「マル!!!」
とか
「ツキ!!!」
とか適当に行って出しちゃってオッケーなんです

(こいつ、今嘘ついたな…?)って思ったら

「ゾーゲン!!!!!」

と叫びます

「ゾーゲン」されたら一旦ゲームを中断
直前に出されたカードを確認して
間違った宣言をしていた場合はペナルティを受けます

もし、正しい宣言をしていた場合は
ゾーゲンをしたプレイヤーがペナルティを受けます

ペナルティを受けるプレイヤーは、場にあるカードから自分の色のカードを全部手札に戻します

他のプレイヤーのカードは脇に避けときます

カードを引き取ったプレイヤーがスタートプレイヤーになってゲーム再開!

ラウンドの終了

手札が3枚になったプレイヤーは

「おわりっ!!!!」

と叫んでラウンド終了

一番カードの少ないプレイヤーから順に3点・2点・1点をもらいます

使ったカードを元に戻して次のラウンドに進みます

ゲームの終了

誰かが7点以上とったらゲーム終了

まとめ

どうですか?ゾーゲン

やってみると意外とみんな場のカードをみてないんですよ
慣れてくれば驚きの速さでカードを出せるようになります
ほぼ適当でね

ゾーゲンされなきゃいいんですよ!!!!

反射神経や判断力を使ったスピードゲームなのでドブルが好きな方にはおすすめです!

ちなみにこのゲームは6人まで同時に遊べるのでみんなも遊んでみてね

created by Rinker
オインクゲームズ
¥2,376
(2020/05/28 14:35:07時点 Amazon調べ-詳細)

[s_ad]