紹介・レビュー

ナンジャモンジャ|お家で盛り上がるボードゲーム!

ナンジャモンジャをご紹介

このゲームは“ナンジャモンジャ族”という特徴だらけの生き物に名前をつけてあげるスピードゲームです
存在は前から知っていたのですが、なかなか購入まで行かなかったところ友達から誕生日プレゼントでいただきました。

遊んでみるとめっちゃ面白い!
ルールもシンプルなので、ボードゲームとかやったことない!って人でもすぐに楽しめます!
「もう一回!」を5回ぐらいやっちゃいそうなぐらい盛り上がれそう

ゲーム情報

  ジャンル   アクション・スピード
 プレイ人数  2〜6人(オススメは3人〜)
 プレイ時間  15分〜(軽量級ゲーム)
  難易度   初心者でもすぐに楽しめる

ナンジャモンジャってこんなゲーム

 特徴だらけの生き物に名前をつけるゲーム
 名前がついた生き物が出てきたら名前を呼ぶ
 一番早く名前を呼んだ人がゲット!

記憶力と反射神経でカードを取り合う対戦ゲームですね

created by Rinker
すごろくや
¥1,630
(2020/07/02 17:05:20時点 Amazon調べ-詳細)

ゲームの準備と流れ

ゲームの準備

カードを全部シャッフルし、山札にして準備完了!

ゲームの流れ

スタートプレイヤーから順番に山札から1枚めくって表向きに置いていきます

プレイヤーがすることは
①名前をつける か
②名前を呼ぶ の二つだけ

終了条件と勝敗

山札のカードがなくなったらゲーム終了
終了時点で手持ちのカードが一番多い人の勝利

ナンジャモンジャのルールをご説明

山札から1枚、カードをめくります

カードをめくった時、初めて出てきた生き物だったら、めくった人が名前をつけてあげましょう
どんな名前でもオッケー!
しかし、めくった時に名前がついた生き物が出てきたら誰よりも早く名前を呼んであげます

一番早く名前を呼んだ人がその生き物をゲット!
山札がなくなった時、一番多く生き物を集められた人が勝ち

基本的なルールはこんなところ
もし名前がついているけど誰も思い出せなかった時は
もう一度新しい名前をつけてあげましょう

3人でプレイしてみた

ゆじ しず えり の3人で遊んでみました

カードをよく 混ぜて山札に
1枚目をめくります

この子は…タイツで
じゃあ次2枚目

んーと、じゃあこの子は花子
花子ww
こんな感じで名前をつけていきます

次めくるよー

タイ…タイツ!!!
タイツ君ゲットだぜ

ふぁさりん!!
あー!それだ!!

こんな感じで山札がなくなるまで繰り返します
そして最後…

パナップ!!

これでゲーム終了
集まった生き物の数を数えます

結果
ゆじ 18枚
しず 14枚
えり 15枚

今回はゆじの勝ち!

遊んでみた感想

ゆじ「やることは単純だけど、すごく面白くて熱くなる!子どもと大人が一緒に遊んでも全然遊べる、というか本気でやっても負けてしまうかもw」

しず「違う世代でやると名付けセンスの違いが出て面白そう繰り返し遊ぶ度に新しい名前が出てきて混乱しそうw」

まとめ

今回ご紹介したのはナンジャモンジャの「ミドリ」のセットでした
あと「シロ」というのもあって混ぜて一緒に遊べるっぽいです

初めてのボードゲームにもオススメの一品でした

created by Rinker
すごろくや
¥1,630
(2020/07/02 17:05:20時点 Amazon調べ-詳細)