紹介・レビュー

ハゲタカのえじき|ルールは簡単、相手と被るな!

こんにちは、ゆじです

今回はハゲタカのえじきというボードゲームを紹介します

「バッティング」というシステムを使ったゲームで、他のプレイヤーと被らないようにカードを出して得点を獲得していきます

ボードゲーム初心者の人でも楽しめるので、紹介していきますね

[s_ad]

ゲーム情報

  ジャンル   駆け引き・心理戦
 プレイ人数  2〜6人
 プレイ時間  約15分
  難易度   初心者でもすぐに楽しめる

ハゲタカのえじきってこんなゲーム

 大きい数字カードを出して点を取れ!
 他の人と数字が被ると無効になっちゃう!
 シンプルで楽しい心理戦

created by Rinker
メビウスゲームズ
¥1,490
(2020/07/02 20:35:25時点 Amazon調べ-詳細)

ゲームの準備

1〜15までの数字カードが1組になっているので、色別に分けて各プレイヤーにカードを配ります

配り終わったらハゲタカカードをシャッフルして
裏向きの山札にして準備完了!

山札には1〜10までの得点カードと
-1〜-5までの減点カードが入っています

ハゲタカのえじきのルール説明

山札から1枚めくり、表にします

各プレイヤーは手札から1枚、裏向きに出し
全員出したらせーの!で表にします

一番大きい数字を出したプレイヤーが得点カードをゲットできます
逆に、減点カードの場合は一番小さい数字を出したプレイヤーがカードを引き取ります

使ったカードは手札に戻さないので、慎重にカードを選んで使いましょう

基本のルールはたったのこれだけ
シンプルで簡単!なんですが
もうひとつだけルールがあります

「バッティング」システム

それが「バッティング」というこのゲームの醍醐味
一番大きい数字を出していても得点カードが取れない場合があります!

写真のように、普通は一番大きい15のカードを出した人が得点をゲットできるんですが、15を出している人が複数いた場合
その次に大きい13を出した人の得点になります

逆に、減点カードの場合は一番小さい数字で他の人と被った場合は減点を回避でき、その次に小さい数字を出した人が減点になってしまいます

得点を取るには一番大きい数字を出さなきゃいけない
けど他の人とは被ったら点が取れない
そんな心理戦が楽しめるボードゲームです

まとめ

初めて心理戦のボドゲをやるぜ!って方にぴったりのカードゲーム
人数が多いほどバッティングが起こりやすく盛り上がります!

最大6人でも遊べるので宅飲みの時にも活躍するゲームです

漫画「放課後さいころ倶楽部」1巻にも登場するボードゲーム
ぜひ遊んでみてください!

関連記事
放課後さいころ倶楽部|登場ボードゲームまとめ

created by Rinker
メビウスゲームズ
¥1,490
(2020/07/02 20:35:25時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事もオススメ![clink url=”https://asobi556.com/intro/themind/”]

[s_ad]