ゲーム紹介

 

  (最終更新日:2019.02.9)

ドデリドDoDeLiDo|瞬発力と判断力を競うカードゲーム

ドデリドをご紹介

シマウマ、ラクダ、ペンギンにフラミンゴ
のろまなカメと活発なワニ

出したカードの特徴を瞬時に判断して、大きな声で宣言しましょう
「ドデリド!」

 

ゲーム情報

  ジャンル   アクション・スピード
 プレイ人数  2〜6人
 プレイ時間  約20分
  難易度   簡単でわかりやすい

ドデリドってこんなゲーム

 3つの山になるようにカードを出す
 場のカードを瞬時に判断し、宣言する
 うっかり間違えてしまう絶妙なバランス

早く言わなきゃ!でも判断が追いつかない!
「えっと、?%◎&@□!」となるのがなんとも楽しいゲームです

ゲームの準備と流れ

内容物

カードは全部で105枚あります
その内訳は、
5種類の動物(シマウマ、ラクダ、ペンギン、フラミンゴ、カメ)
それが5色(白、ピンク、黄色、緑、青)
それとワニが5枚

ゲームの準備

すべてのカードを裏向きにシャッフルし、同じ枚数ずつ配ります
カードを見ないまま手に持って準備完了!

ゲームの流れ

スタートプレーヤーから順番に、1枚ずつカードを出していきます
3つの山になるように置いていき、
カードを出した人が場の「多数派」になっている特徴を宣言します

その特等は基本的に「動物の種類」か「色」のどちらか

もしも「動物の種類」と「色」が同じ枚数出ていたら
「ドデリド!」と叫びます

宣言を間違えたり言葉に詰まったら失敗となり
場に出ているカードを全て引き取って自分の手札に加えます

終了条件と勝敗

手持ちのカードを全て出し切ったプレーヤーが勝利!

ドデリドのルールをご説明

カードをシャッフルして同じ枚数になるように配ります
余りが出た場合は箱にしまっておきましょう

配られたカードは表を見ないように注意!
裏向きのまま手に持って準備完了!

スタートプレーヤーから順番に
場に3ヶ所の山を作るようにカードを出し、間髪入れずに宣言します
4枚目以降はすでに出ているカードの上に重ねていきましょう

場に出ているカードでいちばん多く見えている特徴を宣言します
ほとんどの場合は「動物の種類」か「色」

この写真の場合は
動物の種類がフラミンゴ・フラミンゴ・ペンギン
色がピンク・白・緑

3つの山のうち、いちばん多い特徴はフラミンゴなので
この時は「フラミンゴ」を宣言します

 

こっちの写真の場合は
動物の種類がシマウマ・ラクダ・フラミンゴ
色が青・青・ピンク

いちばん多い特徴は青なので
この時は「青」と宣言します

 

これだけなら簡単なんですが、こんな場合があります

動物の種類がシマウマ・シマウマ・ラクダ
色が白・緑・白

いちばん多い特徴がシマウマと白の2枚ずつになっています
このように動物の種類と色、両方の特徴が同じ枚数の場合は「ドデリド!」と宣言します

 

例えば、動物の種類がペンギン・ペンギン・フラミンゴ
色がピンク・ピンク・ピンク

この場合はペンギンが2枚、ピンクが3枚なのでドデリドと宣言しがちですが
多数派になっている特徴を宣言するので、この時は「ピンク」が正解です

1枚目だったり「動物の種類」と「色」が全部1つずつの場合は「なし」と宣言します

さあ、だんだん難しくなってきましたが実は特殊カードが2枚あります

のろまなカメ

カメが3つの山のどこかにいる場合は宣言の前に「お〜」をつけます
2匹いた場合は「お〜お〜」

 

写真のように動物の種類がカメ・ラクダ・ペンギン
色が青・青・白
この時の宣言は「お〜青」となります

 

動物の種類がカメ・フラミンゴ・カメ
色が緑・緑・ピンク
カメが2枚、緑が2枚なので、この時は「お〜お〜ドデリド」と宣言します

「なし」の場合でもカメが出てたら「お〜なし」と宣言します

活発なワニ

油断ならぬ存在がこのワニ

ワニには色がなく、枚数も5枚と少ないのですが
場に出たら「全プレーヤーがこのカードの上に手を載せます」
最後に手を載せた人が失敗となり、場のカードを全て引き取ります

まとめ

自分の手番でやる事は
カードを出して「多数派」を宣言する事
多数派がない時は「なし」

多数派は「動物の種類」か「色」が多いけど同じ数の場合は「ドデリド」と宣言する

「カメ」が出た場合は宣言の頭に「お〜」をつける
「ワニ」が出た場合は「全プレーヤーがワニカードの上に手を載せる」

宣言を間違えたり、言葉が詰まったら失敗!
場に出ているカードを全て引き取りゲーム再開

ルール自体は複雑ではありませんが、うっかりミスが非常に多く
ついやらかしちゃう間違いで大盛り上がりするゲームです

ぜひ遊んで見てください!

 

こちらの記事もオススメ!

 

関連記事

  1. ゲーム紹介

    マラケシュ|絨毯が可愛い陣取りすごろくボードゲーム

    こんにちは、ゆじです今回はマラケシュというボードゲーム…

  2. ゲーム紹介

    ゾーゲンzogen|適当な宣言で乗り切るもどかしいスピードゲーム

    こんにちは、ゆじです今回はゾーゲンというボードゲームを…

  3. ゲーム紹介

    ボブジテン|カタカナ、横文字使用禁止のワードゲーム

    「ニッポンのミナサァーン!ニッポンにカタカナのコトバ、オオスギデスヨォ…

  4. ザマインドトップ画像

    ゲーム紹介

    The Mind-ザ・マインド|相談ができない孤独の協力ゲーム

    TheMind-ザ・マインドをご紹介The Mindは、それぞれの…

  5. ゲーム紹介

    ナンジャモンジャの遊び方|3分で盛り上がるスピードゲーム

    ナンジャモンジャをご紹介このゲームは“ナンジャモンジャ族”という特…

  6. ゲーム紹介

    お邪魔者|10人同時に遊べる、正体隠匿×チームプレイ!

    お邪魔者をご紹介プレイヤーは鉱山を採掘するドワーフになって、金を目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近の記事

  1. プレイ日記

    ブルータス|ゲームマーケット2019秋・新作紹介
  2. ゲーム紹介

    ブロックス-Blokus|カラフルな陣取りボードゲーム
  3. ゲーム紹介

    人労|ゲームマーケット2019春・新作紹介
  4. コラム・ブログ

    ゲームマーケット2019春に行ってきたよ!|購入ボードゲーム紹介
  5. プレイ日記

    ワンクションで遊んだよ!|ワード×オークションの夢のコラボ!
PAGE TOP