ゲーム紹介

 

  (最終更新日:2018.11.18)

ニムト|最大10人で遊べる戦略ゲーム

こんにちは、ゆじです

今回紹介するのは「ニムト」というボードゲーム

ざっくり説明すると1~104までの数字カードを使って押し付け合うゲームです

これだけじゃ分からないのでちゃんと説明しますね

ゲーム情報

  ジャンル   戦略系
 プレイ人数  2〜10人
 プレイ時間  約30分
  難易度   初心者でもすぐに楽しめる

ニムトってこんなゲーム

 戦略的な駆け引きが楽しい
 最大10人まで遊べる
 大富豪とか好きな人にオススメ

ニムトのルール説明

ニムトは1~104までの数字が書かれたカードが
それぞれ1枚ずつあります

後にも説明しますが、カードの上に描いてある牛の数が罰点になるのでなるべく取らないようにしましょう

ゲームの準備

①各プレイヤーに10枚ずつカードを配ります

②配り終えたらカードを4枚並べます

はい!準備おわりっ!

手札からカードを選んだら

「「「「せーのっ!」」」」

で一斉に出します

出した数字が小さい順に場に並べていきます

今回は47・58・82・83の順番ですね

並べるのは出したカードの数字より低くて一番近い数字の隣です

最初に置く47に一番近いのは45なのでその隣に、58はその更に隣に置きます
同じように80の隣に82,83と続きます

カードの引き取り

カードの列に6枚目を置いた場合
置いたプレイヤーは1~5枚目のカードを罰点として引き取ります

6枚目になるカードはその列の先頭として置きます

引き取ったカードは最後に数えるので手札には入れないようにしましょう

手札から出したカードがどの列の最後尾よりも小さかった場合は
好きな列のカードを全て罰点として引き取り、出したカードが列の先頭になるように置きます

ラウンドの終了

これを10回、手札が全部なくなるまで繰り返します

カードを全部出したらラウンド終了

罰点として引き取ったカードに描いてる牛の数を数えます
写真の場合だと罰点8匹ですね

ゲームの終了

誰かの牛の数が66匹になったらゲーム終了
その時点で一番牛が少ない人の勝ち!

まだ66匹になっていない場合は再度カードを配り直して次のラウンドに進みます

まとめ

他のプレイヤーがどの辺りの数字を出そうとしているかの読み合いがめっちゃ楽しい!

「うわー!1の差でやられた!」
とか
「え!そこ取ったら俺6枚目やん!」
とか

周りのカードの影響がモロに出るのでめちゃめちゃ盛り上がる!

トランプの大富豪が得意な人は結構好きだと思いますよ

みんなも遊んでみてね


こちらのボードゲームもオススメ!

関連記事

  1. ゲーム紹介

    ドブル|反射神経と観察力で戦うパーティゲーム

    ドブルをご紹介丸いカードに描かれた8つのマークから共通するマークを…

  2. ゲーム紹介

    クアルト-Quarto|木製コマがおしゃれな二人用対戦ゲーム

    こんにちは、ゆじです今回はクアルトというボードゲームを…

  3. ゲーム紹介

    3分で盛り上がる!ナンジャモンジャの遊び方

    ナンジャモンジャをご紹介このゲームは“ナンジャモンジャ族”という特徴…

  4. ゲーム紹介

    ハゲタカのえじき|ルールは簡単、相手と被るな!

    こんにちは、ゆじです今回はハゲタカのえじきというボードゲームを…

  5. ゲーム紹介

    ごきぶりポーカー|大人数で遊べるブラフゲームの大定番!

    ごきぶりポーカーをご紹介「これはゴキブリです」その宣言は本当か…

  6. ゲーム紹介

    マケランディア|ゲームマーケット2019秋・ボードゲーム紹介

    こんにちは、ゆじです。突然ですが、皆さんはファンタジーもののゲーム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近の記事

  1. イベント

    【8/18開催】武蔵小杉の古民家カフェでのんびりボードゲーム
  2. プレイ日記

    ワンクションで遊んだよ!|ワード×オークションの夢のコラボ!
  3. コラム・ブログ

    【和訳】The Mind-ザ・マインド|ストーリーがあるの知ってた?
  4. ゲーム紹介

    マラケシュ|絨毯が可愛い陣取りすごろくボードゲーム
  5. プレイ日記

    ナンジャモンジャのシロで遊んだよ!|プレイ日記
PAGE TOP